<< 真央ちゃんの新プログラム | main | ノムさん退団へ >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています



TOP

大毅タイトル奪取ならず 陣営は不満

JUGEMテーマ:ボクシング
  亀田大毅クン、またも残念な結果に終わりました。よく練習してるってのは分かりましたけど、まだ何か足りないですねぇ。底力というか迫力というか・・・

試合の内容に関しては、

1.手数が足りない
2.クリンチ多すぎ

こんなところじゃないでしょうか。もう少し左のリードが欲しいですねぇ。特に中盤以降、チャンピオンがけっこう疲れてきた時なんか(確かに大毅クンも疲れてはいたけど)、左を出さずにすぐ頭をひっつけちゃうもんだからすぐにクリンチされる⇒大毅クン首をかしげる(まぁさすがに投げ技に移行することはなかったけど)

何を感じて首をひねってたか分かりませんが、もし自分の思うようなボクシングができなくてそうしてるのなら、まだまだ経験値が全然足りないって証拠。自分十分の体勢で試合できるほど、世界戦は甘くないっていうことです。そこらへんが、日本タイトルも東洋太平洋のタイトルも取ってない大毅クンに足りないところかも。

まぁ判定に関しては、あんなもんでしょうね。陣営は不満らしいですが、ダウンを奪うとか、手数・有効打で圧倒して相手の顔をボコボコにするとか、誰の目にも分かる圧倒的大差をつけなきゃダメですよ、チャレンジャーは。僅差の判定に持ち込まれた時点でアウトってことです。

「人生かけてタイトル戦に挑んだんだ!」

って息巻いたって、チャンピオンもそれは同じこと。むしろその重さで言うなら、何人もの家族や兄弟の生活を背負ってる分だけ、王者の方が重たいかもしれないですわな。

あの3兄弟の中では、おそらくもっとも不器用だと思われる大毅クン。それゆえ、最後まで愚直に拳闘道に精進すれば、結局時間が経ってみたら、一番強くなってたのは彼だった!なんてことになるかも。職人の世界で最後に一流として残るのは、入った時に一番不器用なヤツだと相場が決まってるらしいですから。

新クリアエステヴェール 通販


TOP

スポンサーサイト

  • 2012.08.14 Tuesday
  • -
  • 01:00
  • -
  • -
  • -


TOP
楽天おすすめ
link
・ヤセマッチョを目指す日記
selected entries
categories
archives
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM